寝返りができた

赤ちゃんの成長は、本当に早くてびっくりします。 体重もどんどん増えますし、動きも活発になってきます。 それまで仰向けで寝ていた赤ちゃんも、ある日突然ぐるんと寝返りができるようになりますので、 周りの大人はその際に危険ではないような環境を整えておく必要があります。 例えば、ソファーの上に寝かせたままオムツ交換をしたりミルク作りをしたりしないことも大事。

ソファの上で寝返りを打った際にソファから床に落ちてしまう危険があるからです。 また、柵の無いベッドの上で寝返りを打ちそのまま落ちてしまう可能性もありますから、 柵のあるベッドなど安心できる状態で寝かせるようにする必要があります。 赤ちゃんは個人差はありますが、だいたい3~4か月位の時に寝返りを突然打ち出します。

これは、大きくなったと実感できる嬉しい瞬間でもあるのですが、これから更に赤ちゃんの行動範囲が広くなるということ。 これまでとはまた違った心配ができてきます。 うつ伏せになったまま眠ることの無いように、目を離さずに見ていてあげてください。 また、赤ちゃんは何でも口に入れようとしますので、周りに赤ちゃんの口に入るような小さなものや危ないものは置かないようにしましょう。